(旧)人生尻上がり

尻上がりな人生を送りたい無職の日々を書いていきます。

無職なので運転の依頼は断りません

無職で実家住みな私にできることといえば、運転の依頼を受けた時は断らないことです。私自身は車を持っていませんが、親は車を持っているので、買い物や用事の際は親の運転しています。

運手がドヘタな私ですが、地元を運転するくらいはなんとか大丈夫です。親の車はATなんですけどね・・・。MTはもう運転できないなー。発進すらできないと思われる。せっかくの運転免許が勿体無いっす。

父は自分で運転しますが、母は免許を持っていないので、30歳にもなって母と一緒に買い物に出かけています。しかし、母と一緒に店内に入るわけではありません。ひたすら車内待機です。ちなみに今日も母を乗せて買い物に行ってきました。

運転の依頼は母だけではなく、親戚のおばさんやばあちゃんからもあります。近くに住んでいるので頼まれるのは仕方ないかーって感じです。あと、恩返しになればという気持ちですかね。親には無職で申し訳ない気持ちがあるので、運転の依頼を引き受けています。

申し訳ないというか、家に住まわせてもらっているので、運転くらいしても当然ですよね。追い出されないだけマシか・・・。この先も無職状態が続くようであれば追い出される気がします。うーん。仕事もそうだしお金貯めないと。

まさか運転免許が無職になってから活きるとは思わなかったです。就職した会社でも車は運転してたけど。やっぱり運転免許は持っていた方が良いですよね。大学生の頃に取っておいて正解でした。

広告を非表示にする