読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)人生尻上がり

尻上がりな人生を送りたい無職の日々を書いていきます。

理容室で感じたおっさんの温もり

f:id:moyashistyle:20160420223249p:plain

2か月以上髪を切っていなかったので、仕方なく理容室に行ってきました。口下手で無職なので理容室行くのは本当に嫌です・・・。理容室に到着するまで何度も「今日は止めよう」「今度にしよう」って思いましたが、親には床屋に行くってことで車を借りてしまったので行くしかないですよね。

お金ないのでもう少し髪が長くなってからでも良い気はしますが。30歳を超えてボサボサなのはちょっと・・・。無職なので人に会う機会は少ないけど親と顔を合わせるからなー。

理容室は思っていたよりも混んでいたので、私の番になるまで1時間掛かりました。結構早い時間に行ったつもりだったんだけど。今回も同じ理容師に切ってもらいましたが、今日はほとんど会話しませんでした。

何回か質問されましたが、上手く返答できず会話は全然盛り上がりません。何かもう嫌になったので、会話をしないために寝たふりしちゃいましたよ。やっぱりこういう場での会話はダメだわ・・・。

その後、顔剃りの時間となりました。顔剃りはいつも髪を切ってくれる人かもう少し若い人が担当してくれます。しかし、今日は見知らぬおっさんでした。誰だよこのおっさん・・・。ポロシャツにスラックスで60代くらいかな。

このおっさんだけ普段着なんですよね。ポロシャツにスラックスって感じで。他の店員はユニフォームっぽい格好をしているんだけどな。おっさんの顔剃りはちょっと力が強く感じました。もう少し丁寧にやってくれよ。

顔剃りはまあ仕方ないにしても、その後のクリームが辛かったです・・・。理容室で顔を剃るとクリーム塗ってくれますよね。おっさんはクリームをゴシゴシと丁寧に塗ってくれます。この時、ふと自分の顔におっさんがクリームを塗っている姿を想像してしまい、急に気持ち悪くなりました・・・。クリームを塗っている指から伝わる温もりも辛かったです。

会計の際にこのおっさんのことを聞いてみました。すると、この理容室のオーナーでした。時々店に出ているようで、運悪く今日は私が当たってしまったようです。オーナーさんは普段通り顔を剃っただけですし、顔剃りの仕上がりが悪いわけではありません。でも、次回は他の店員に顔剃りしてほしいな。

冷静に考えると、私も30代だからおっさんですよね・・・。もう「お兄さん」なんて呼ばれる年齢じゃないのか。残念だけど、薄毛だし体臭もちょっと気になるし。順調におっさん化しています。

広告を非表示にする